株価指数CFDトップ > 株価指数CFDの仕組みと魅力 > 先進諸国の株価指数が取引できる!
株価指数CFDの仕組みと魅力

先進諸国の株価指数が取引できる!

当サイトで情報提供し紹介する株価指数CFDは、東京金融取引所(以下、金融取)が運営する「くりっく株365」です。「くりっく株365」は、日本で初めて公的な取引所(金融取)による株価指数証拠金取引(CFD)です。

くりっく株365

CFDとは?

Contract For Difference の頭文字を取った略称で、日本語では差金決済取引と訳されます。
差金決済取引とは、一定の証拠金を預託して対象資産を売買し、決済時に差金のみを受渡す決済です。基本、差金決済取引と証拠金取引は同義。

日本を代表する株価指数である「日経225」から、アメリカの「NYダウ」、ドイツの「DAX®」、
イギリスの「FTSE100」まで、先進諸国の4株価指数が取引できます。

先進諸国の4株価指数イメージ

ニュースでも馴染みの指数「日経225」「NYダウ」

取引できる銘柄は、新聞、テレビ、WEBサイトで良く見る日米株価指数(日経225、NYダウ)に加え、独(DAX®)、英(FTSE100)まで、国を代表する株価指数です。
この4指数を売買することは、各国の市場全体(その国の経済)を売買するようなものと言えます。

株価指数そのものが優良銘柄のポートフォリオ

各株価指数は、その国を代表する複数の個別銘柄で構成されています。つまり株価指数を保有することは優良銘柄でポートフォリオを組んでいるようなものです。
そのため、優良銘柄による成長性とポートフォリオによる安定性が両立します。

ポートフォリオが少額から組める

株価指数に含まれる銘柄を個別に購入すると、日経225なら225銘柄、NYダウでも30銘柄ですのでかなりの金額が必要になります。株価指数は小額から購入できるので、少額からポートフォリオを組めることになります。

その他にも、株価指数CFDの魅力はたくさんあります。以降のページでより具体的に紹介します。

私の株価指数CFD
商品・サービスガイド