株価指数CFDトップ > 株価指数CFDの仕組みと魅力 > 日経225先物との違い。ETFとの違い。
株価指数CFDの仕組みと魅力

日経225先物との違い。ETFとの違い。

株価指数CFD(くりっく株365)と同じく、株価指数を投資対象とする商品として、「日経225先物取引(mini含む)」と「インデックス型ETF(上場投信)」がよく比較されます。
ここで日経225を投資対象とする場合において、その3金融商品の違いを比べてみます。

  くりっく株365 日経225先物 ETF
取引時間 8:30〜翌6:00
米夏時間は翌5:00まで
8:45〜15:15
16:30〜翌5:30
9:00〜11:30
12:30〜15:00(株同様)
取引日 平日および祝日 平日のみ 平日のみ
取引期限 なし あり(限月による) なし
取引形態 証拠金取引 証拠金取引 現物または信用取引
売りからの取引 可能 可能 信用売/ブル型利用
レバレッジ 数倍〜数十倍 数倍〜数十倍 1倍〜約3.3倍
金利相当額 あり なし(※1) 信用取引ではあり
配当相当額 あり なし(※1) あり
信託報酬(費用) なし なし あり
呼値 1円 5円 銘柄により異なる

※1 日経225先物には、金利と配当があらかじめ価格に含まれています。

株価指数CFD(くりっく株365)は、
  • ●取引時間が長く継続しているので、イベントや欧州時間含め取引チャンスを逃しません。
  • ●祝日も取引できます。
  • ●取引期限がないので、自分の考えるタイミングでじっくり取引できます。
  • ●売りからの取引も可能であるため、下落局面でも利益を狙えます。
  • ●少ない資金から、レバレッジを使った取引が可能です。
  • ●買い取引なら、構成銘柄に配当があると配当相当額が受け取れます。
  • ●信託報酬(費用)が掛かりません。
  • ●呼値が1円なので、値動きによっては細かい利益確定や損切が可能です。

取引方法や目的に応じて、上記商品それぞれの良さがあると思いますが、株価指数CFD(くりっく株365)はユーザーメリットが多い金融商品と言えます。

私の株価指数CFD
商品・サービスガイド