株価指数CFDトップ > プロのトレード&ストラテジー > あっきん氏 > 投資の世界は経験がモノを言う
プロのトレード&ストラテジー
あっきん氏
2017/08/29(10:46)

投資の世界は経験がモノを言う

早いものでこの連載も今回で19回目です。残念ながら今回が最終回となります。そこで今回は投資に対する取り組み姿勢について書いてみました。

今、私は34歳です。11年投資を経験してきましたが、連載メンバーの方々と比べ、圧倒的に投資経験が短いです。投資経験が長いということはいろんな相場を経験していることになります。それは大きな財産だと思います。そう思う理由は守備力がしっかりされているからです。例えば株価が右上がりの時に投資を始めた人は何を買っても上がる状態なので勝ちやすいですよね。それを自分の実力だと勘違いすることもあるでしょう。でも相場は数年単位で地合いが変わってきます。そんな時にもイケイケの運用をしているとそれまで築き上げた資産を一気に失ってしまうこともあります。これも投資経験があればそれなりに予兆を感じ取ることができます。
でも投資経験が短い人は相場の変化などという予兆は気づかないですよね。ではどうすれば良いのか?

これは私が実践してきた手法なのですが、過去20年ほどの超長期チャートを見てトレードします。それだけ長い間に暴落した水準、逆に暴騰した水準を意識しておけば、そう簡単に負けることはありません。当然、余裕を持った運用をすることになるのでリターンも減ります。でも私はそれで十分だと考えています。まずは高いリターンを得ることよりもローリターンだけどローリスクで資金を増やせる楽しさを知ることが大切だと思います。

投資はゆったりとしたプランで運用すれば怖くない。楽しいものだと脳がインプットすれば自然と投資についてもっと知りたいと思うようになります。

また、近年ではトラリピのように自動で売買をしてくれる頼もしいツールも出てきています。ゆったりとしたプランで注文を出してしまえばほったらかし投資が可能になります。このようなツールも早い段階から使うことで余計な感情を排除して相場に入ることができます。
さらには運用資金も株式投資などにくらべ株価指数CFDであれば少なく始めることができます。このようなメリットを活かしてとにかく投資経験を積む。やりながら少しずつ投資対象を広げていけばよりリスクの取り方に幅も持たすことが可能になります。

これで最後になります。
短い間ではありましたが、ご愛読いただきまして、ありがとうございました。

 

日経225、NYダウ、FTSE100(くりっく株365)はマネースクウェア・ジャパンで取引できます!
▶▶詳細・口座開設はこちら

あっきん 氏
2016年11年間勤めた県庁を早期退職。トラリピを使ったFX自動売買を得意とし、複利運用を続け運用資金は1,000万超え。退職後に起ち上げた資産運用ブログ『akilog』が人気の期待の若手。元公務員らしい誠実な解説でFX、日経225証拠金取引、ロボアドバイザー投資、仮想通貨などのトレード実績や最新トレンドを配信。最近ではFP資格を持つ元投資信託販売員のライターも加わり、これから投資を始める初心者からも好評を得ている。
公式ブログはこちら

  • ついてる仙人 氏
  • 為替王 氏
  • ガラケートレーダー 氏
  • あっきん氏
私の株価指数CFD
商品・サービスガイド