株価指数CFDトップ > プロのトレード&ストラテジー > ガラケートレーダー 氏 > ガラケー相場道14(最終回)
プロのトレード&ストラテジー
ガラケートレーダー 氏
2017/08/28(9:46)

ガラケー相場道14(最終回)

皆さん、こんにちは。ガラケートレーダーです。日々のディールお疲れ様です。ディールの成果はいかがでしょうか?
日本はお盆を明けて、8月も残りわずかとなりましたが、相変わらず残暑の日々が続いております。

今回は、「ガラケー相場道14(最終回) トレーダーとして身に着けたい素養とブラッシュアップするために」についてお話しします。
こちらで寄稿させていただいて10カ月と短い間ではありましたが、今回こちらのコンテンツが終了するため、「ガラケー相場道14」がガラケーの最終記事となります。

マーケットで生き抜くのに、非常に非常に重要であります。

■トレーダーとして身に着けたい素養

・慎重で丁寧な姿勢
マーケットでは、常に謙虚で慎重丁寧な姿勢がアドバンテージとなります。

・ブレない心

・取引画面、チャート画面及びPC画面に張り続けていられる能力

・深掘りできる才能
一つの物事に、深く関われる心、探求心、アジャストできる心

・やりきる力
様々な意見がある中で、時には我を押し通して、やりきる力
どんなに困難なことでもやり切れる力があることが、マーケットと対峙していく時に非常に重要な素養の要素となります。

■トレーダーとしてブラッシュアップするために

・トレードHOW TO本・WEB記事、情報サイトを読む
実際にこの記事をご覧になっている皆さんは、既に実践されていることであります。
これから始める方々、初心者の方々は、任意のトレードHOW TO本・WEB記事、情報サイトで、勉強することをオススメします。選ぶポイントとして、読み易そうなトレードHOW TO本・WEB記事、情報サイトを読むを推奨します。
また、入門書等に書かれている、わからない用語がありましたら、ネットで検索して調べながら読み進めてみるのも宜しいでしょう。
ちなみに私は、相場の師匠から最初に購入するよう指示されたのは、チャートの鬼(新チャートの鬼)というチャートの見方を書いたテクニカル本でありました。師匠の話しによると、野村證券さんでは、当日の新入社員がバイブルのように手渡される本であると、聞かされ、理解できるようになるまで何度も読みました。

・セミナー、WEBセミナー等の活用
各金融系・株系メディアさんが行われてますセミナーに出席して、是非聞いてみたい方のセミナーを聴いて勉強されるのも役立つでしょう。最近ではWEBセミナー等もバラエティーに富んで用意しておりますので、オススメであります。
セミナーにも、無料セミナー、有料セミナーがあり、セミナーに参加されること自体、何かを身に付けようとする姿勢があり、志しが高くて素晴らしいですが、人間の性からして、身銭を切って学んだほうが本気になって勉強するので、良く身に付くという観点からも、“これは!”と思ったセミナーであれば、さらに一歩踏み込んだ有料セミナーの受講も推奨します。
さらには各セミナーの後に、懇親会等も行われておりますセミナーもございますので、懇親会等にも参加をされて、トレード仲間を増やしたりして、情報交換の場として利用するのも良いでしょう。

・メルマガを利用して、トレード学習
初心者・中級者トレーダーの方で、深堀りしてアカデミックなトレードを身に付けるのに最適なのがメルマガであります。有益な有料メルマガ、無料メルマガは、相場観やトレード手法を肌で感じて勉強できて、相場観を養うことがきるので、大変役に立ちます。

以上が、「ガラケー相場道14 トレーダーとして身に着けたい素養とブラッシュアップするために(最終回) 」 について、となります。短い間ではありましたが、ご愛顧いただきまして、誠に有難うございました。

 

株価指数CFD(くりっく株365)はマネースクウェア・ジャパンさんでお取引できます!
詳細・口座開設はこちら

ガラケートレーダー(五十嵐隼人)氏
営業管理職サラリーマンをやりながら、その名の通りガラケーを愛用し、トレードの6~7割位をガラケーにてFX・株等のトレードをこなす兼業トレーダー。
野村証券の親友であり師匠からの伝授を元に、デイトレード~スイングとスイング~中長期トレードを組み合わせた、革新的ハイブリッドなトレード手法を実践。
ラジオ、FX専門誌、雑誌、WEBにも多数掲載されている投資家。
公式ブログ1 ガラケートレーダー(五十嵐隼人)のブログはこちら
公式ブログ2 ガラケートレーダー”ガラガラ”PONはこちら

  • ついてる仙人 氏
  • 為替王 氏
  • ガラケートレーダー 氏
  • あっきん氏
私の株価指数CFD
商品・サービスガイド