株価指数CFDトップ > プロのトレード&ストラテジー > あっきん氏 > 8万円で始めた日経225トラリピの行方
プロのトレード&ストラテジー
あっきん氏
2017/07/11(12:00)

8万円で始めた日経225トラリピの行方

さて、前回の記事で「あっきんが実験台となって取引してみます!」と男気を見せて宣言した
日経225のトラリピはどうなったのでしょうか?読んでくれている人にリアルなトレード状況を見てもらいたくてまだ1週間しか経っていませんが、振り返ることにしました。

実践しているシンプルトレードの中身は次のようになっています。
この運用に必要な資金は1枚のポジションを保有するのに必要な証拠金50,000円と含み損に耐えられるだけの余裕資金30,000円の合計80,000円です。

・買い:20,100円で買い、20,200円で売る(ストップロスは19,800円)
・売り:20,200円で売り、20,100円で買う(ストップロスは20,400円)

このルールは下図の過去1ヶ月の日経225のチャートから決めました。ストップロスの幅を300円にしているのは過去チャートでの暴落とほぼ同水準のレベルに耐えられるようにしたからです。

010

このようなトレードルールを決めた後、早速トラリピの注文をしました。スマホでかんたんにできます。(左が買い注文、右が売り注文)

011

便利な時代ですよね。ソフトをパソコンにダウンロードしなくてもスマホだけで全てが完結します。マネースクウェア・ジャパンさんに感謝です。

この注文をしたのは先週火曜日の午後なのでそれ以降相場はどう動いたのか気になりますね。早速見てみましょう!

012

いきなり下落していき、すぐに20,100円で買い注文が入りました。その後、19,850円ほどまで下落していきました。危なかったですね〜。20,100円で買って19,800円でストップロスにかかり決済されると30,000円の損失です。そうなると手元に残るのは50,000円ですね。
そして7月10(月)の相場が終わった時点で日経225は20,850円です。ほぼ買った値段まで戻ってきていますね。含み損が25,000円ほど出たものの、余裕資金が30,000円あったので含み損が無くなるまでトレードを続けることができましたね。

ということで今のところ狙っている10,000円の利益は取れていませんね。さて、これからどうなるか楽しみです!仕組みはとても単純ですよね?
1度スマホでトラップリピートイフダン注文を出してしまえば、後は放置しておけば買い注文、売り注文ともに繰り返し自動で出してくれます。この機能は相場から自分を解放してくれるのでとても助かっています。

最後に、なぜ今回わずか5営業日の結果を解説したのかというと、私のトレードがいかに単純かを知ってもらいたかったからです。テクニカル分析やファンダメンタルズ分析にもとづいてトレードしているわけではなく、過去チャートで相場が上下している範囲を狙って売買注文をトラリピで発注しているだけですよね。そんな大雑把なやり方で大丈夫?と思うかもしれませんが、事実私はこのような手法で運用資金を増やしてきました。(実際の運用プランはもっと広いレンジでゆったりとしています)

ということで誰でも真似できるものなので一度やってみてくださいね!

 

株価指数CFD(くりっく株365)のトラリピはマネースクウェア・ジャパンさんで取引できます!
▶▶詳細・口座開設はこちら

あっきん 氏
2016年11年間勤めた県庁を早期退職。トラリピを使ったFX自動売買を得意とし、複利運用を続け運用資金は1,000万超え。退職後に起ち上げた資産運用ブログ『akilog』が人気の期待の若手。元公務員らしい誠実な解説でFX、日経225証拠金取引、ロボアドバイザー投資、仮想通貨などのトレード実績や最新トレンドを配信。最近ではFP資格を持つ元投資信託販売員のライターも加わり、これから投資を始める初心者からも好評を得ている。
公式ブログはこちら

  • ついてる仙人 氏
  • 為替王 氏
  • ガラケートレーダー 氏
  • あっきん氏
私の株価指数CFD
商品・サービスガイド