株価指数CFDトップ > プロのトレード&ストラテジー > ガラケートレーダー 氏 > 仏大統領選を終えて、今後のマーケット見通し
プロのトレード&ストラテジー
ガラケートレーダー 氏
2017/05/08(15:52)

仏大統領選を終えて、今後のマーケット見通し

皆さん、こんにちは。ガラケートレーダーです。
日々のディールお疲れ様です。成果はいかがでしょうか?

日本もゴールデンウィークを終えまして、かなり温かくなってきました。
今回は前回のフランス大統領選挙の続きとしまして、フランス大統領選を終えて、今後のマーケットの見通しについてお話しさせていただきます。

日本時間の昨日から今朝にかけて、フランス大統領選挙 第2回決戦投票が行われました。前回の第1回で選出されました、中道で無所属のマクロン前経済相と極右政党・国民戦線のルペン党首の2人の争いとなりましたが、大方の予想通り、マクロンさんで決まりました。有権者の3分の1が棄権か無効票という約50年ぶりの高水準であったことが気になるところではあります。
これにより、EU残留方向でリスクオン継続となり、日経平均も堅調に推移しております。

今回の第2回の決選投票は大方の予想通りで番狂わせがなかったことと、為替は先週のゴールデンウィークの週にリスクオンのクロス円売りとクロスユーロはかなりのピッチで駆け上がったことで、噂で買って、事実で売る、‟セル・ザ・ファクト”の売り調整が入り、それによって株価指数も多少頭打ちになる可能性があります。
他方で、米国が日本製鉄鋼に対して、制裁関税をかけることが決定しました。トランプさんの政権発足後、日本に対する制裁的な関税の適用が確定したのは初めてであります。このファクターが今後のマーケットにどのように影響を与えるかは気になるところではあります。

北朝鮮リスクも、いい意味でも悪い意味でも、小康状態を保っているといったところでしょうか。

また今週はSQもあります。仮に今週もこのまましばらくリスクオン継続で進んでいったとしても、今週後半から来週にかけて、一旦調整が入り、日経平均もひと段落するのではないでしょうか?

ではまた2週間後に会いましょう。

ちなみに、株価指数CFD(くりっく株365)はマネースクウェア・ジャパンさんでお取引できます!
詳細・口座開設はこちら

ガラケートレーダー(五十嵐隼人)氏
営業管理職サラリーマンをやりながら、その名の通りガラケーを愛用し、トレードの6~7割位をガラケーにてFX・株等のトレードをこなす兼業トレーダー。
野村証券の親友であり師匠からの伝授を元に、デイトレード~スイングとスイング~中長期トレードを組み合わせた、革新的ハイブリッドなトレード手法を実践。
ラジオ、FX専門誌、雑誌、WEBにも多数掲載されている投資家。
公式ブログ1 ガラケートレーダー(五十嵐隼人)のブログはこちら
公式ブログ2 ガラケートレーダー”ガラガラ”PONはこちら

  • ついてる仙人 氏
  • 為替王 氏
  • ガラケートレーダー 氏
  • あっきん氏
私の株価指数CFD
商品・サービスガイド