株価指数CFDトップ > プロのトレード&ストラテジー > ガラケートレーダー 氏 > ガラケー相場道8(資金管理・トレードスケジュール)
プロのトレード&ストラテジー
ガラケートレーダー 氏
2017/03/27(10:20)

ガラケー相場道8(資金管理・トレードスケジュール)

皆さん、こんにちは。ガラケートレーダーです。
日々のトレードお疲れ様です。トレードの成果はいかがでしょうか?
日本も大分暖かくなりました。
世界のマーケットでは、米国が利上げし、米国ではオバマケアに替わるヘルスケア法案取り下げ、日本では森友学園問題による安倍政権の支持率低下、日本におけるレパトリ等で、ダウ、日経225ともに弱含んでおります。
そういった市況の中で、今回の第12回記事は、前回に引続き、ガラケー相場道8をお話しします。

◇資金管理

資金管理は、非常に非常に大切です。 全てではありませんが、本、雑誌、WEB、こうしたレポート等の投資HOW TO本や資料の大方は、それらに準じた資金管理さえ間違わなければ、そんなに負けることはないですし、それなりに勝てるでしょう。 

ただし・・・、それらに準じた資金管理さえ、しっかりしてれば!の話です。

①デイトレ~スイングトレードであれば、レバレッジ3~5倍程度で行うのもよいですが、損切りを徹底するのが前提として、時にはそれ以上〔市場の価格変動に応じ変動(数倍~数十倍)〕かけるのも戦略の一つです。

②スイング~中長期であれば、レバレッジを1~3倍程度で行うのも推奨します。

トレードスケジュール

◇トレードに関しましては、毎朝仕事前に、その日1日の大まかなストラテジを立てて取引を行います。

①東京市場オープン前後から仲値(為替)の前後(月曜日は週明けのマーケットオープンから)
②仲値(為替)から東京市場の前場・後場の谷(10時15分の中国・元の対ドル基準が決定する時間帯と10時30分~11時のオセアニア・中国の重要指標に気を付ける)
③東京市場クローズ、欧州オープン前後
④NY市場オープン前後(米雇用統計をはじめ、重要指標がある時はトレードを避ける、もしくは発表後にトレードに入る)
⑤NYオプションカット(為替)、ロンドンFIX(為替)、ロンドン市場クローズ前後
⑥ウェリントン、シドニー市場オープン後
⑦NYクローズ後

私は一日のスケジュールを①~⑦の時間帯を各セクタとして小分けにしておりまして、それら以外は基本はほぼ一切入ることはありません。 兼業トレーダーでありますので、時間に限りがある中で、①~⑦の時間帯を節目として、マーケットをチェックします。 ①~⑦全ての時間帯を毎日入ることもありません。 リスクオフ・リスクオンの大相場や米雇用統計等の重要イベントの相場以外は、1日にトレードする回数は数回程度の限られたものです。 休むのも相場ですので、ノートレードの日ももちろんあります。

以上がガラケー相場道8についてのご紹介となります。では、また2週間後に会いましょう!

ちなみに、株価指数CFD(くりっく株365)はマネースクウェア・ジャパンさんでお取引できます!
詳細・口座開設はこちら

ガラケートレーダー(五十嵐隼人)氏
営業管理職サラリーマンをやりながら、その名の通りガラケーを愛用し、トレードの8割位をガラケーにてFX・株等のトレードをこなす兼業トレーダー。
野村証券の親友であり師匠からの伝授を元に、デイトレード~スイングとスイング~中長期トレードを組み合わせた、革新的ハイブリッドなトレード手法を実践。
ラジオ、FX専門誌、雑誌、WEBにも多数掲載されている投資家。
公式ブログ1 ガラケートレーダー(五十嵐隼人)のブログはこちら
公式ブログ2 ガラケートレーダー”ガラガラ”PONはこちら

  • ついてる仙人 氏
  • 為替王 氏
  • ガラケートレーダー 氏
  • あっきん氏
私の株価指数CFD
商品・サービスガイド